顧客に対する対応はどこまで必要か?

今日は、顧客に対する対応は、

どこまで必要か?

について、お話しますね。

 

ギター転売における国内転売や、

eBay輸出での海外販売で、

顧客に対して気をつけないと

いけない点は、ほぼ同じです。

 

時々、むちゃくちゃ言ってくる

顧客がいます。

 

価格を極端に下げろとか、

おまえのギターは偽物だとか、

商品説明に書いている内容に

嘘があるとか・・

 

きりがないほど、メチャクチャに

言ってくる人がいます。

 

これに対する対応ですが、

 

=========================================================

まともに対応していてはいけません

=========================================================

 

対応すると、どんどんエスカレート

してしまうのです。

 

相手が調子に乗ってきたら、

eBay輸出なら、

 

=========================================

自分のアカウントを守る

=========================================

 

ことが、最優先です。

 

対応していても、時間の無駄ですし、

ストレスがたまるだけです。

 

たとえば、出品を取り下げる

などして、一時的に

対応する事をオススメします。

 

その理由は、販売に関しては、

 

==================================================

顧客がすべてで優先される

==================================================

 

からなのです。

 

顧客が、セラーとしての信用を

失墜させるのは、非常に

簡単な事です。

 

一方で、セラーが顧客から信用を

得るのは、非常に大変です。

 

ですから、顧客が言う事を

聞かなくなってきたら、

 

=========================================

さっさと撤退してください

=========================================

 

いつまでつきあっていても、

何の特にもならないからです。

 

ひどい場合は、

AmazonやeBayから

セラーとしての

資格を剥奪する、と言われ

かねないです。

 

ストレスが、たまる一方ですが、

とても良い顧客もたくさんいます。

 

焦らず、興奮せず、

落ち着いて対応する事が

解決するための早道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です