ギター転売で、価格交渉のうまいやり方

今日は、

ギター転売で、価格交渉の

うまいやり方、

について、お話しますね。

 

ご存知のように、

ギター転売で扱うギターは

高額です。

 

ですから、カスタマーと、

必ずと言って良いほど、

価格交渉があります。

 

価格交渉のコツですですが、

 

=====================================================

カスタマーの興味を持続させる

=====================================================

 

事が必要です。

 

カスタマーから、価格交渉が来た時

こんな価格だと赤字で受け付けない・・

みたいな返事を出すと、

ここで交渉が止まってしまいます。

 

ですから、このような展開では

ギターは売れません。

 

かならず、こちらから価格を提示

することが必要です。

 

この時に注意する事ですが、

 

=======================================

価格を下げすぎない

=======================================

 

ことです。

 

価格交渉は2回行うのが、

お得感を出せるので、

意外と良いですよ。

 

価格交渉を言ってくるカスタマーは

実は、お金を持っています。

 

ただ、なるべく安価に買いたいだけ。

 

本当にお金がなかったら、

価格交渉までしてきませんから。

 

ですから、下げすぎる意味はないです。

 

一度下げておいて、

購入する直前にもう一度、

ちょっとだけ、下げる。

 

すると、カスタマーはここで決断します。

 

さらに、この決断で必要な事は、

 

===================================================

時間を区切ってオファーする

===================================================

 

これ、大切です。

 

この時間を区切ることで、

カスタマーは追い込まれるので、

買う確率が上がるのです。

 

この3つをうまくやりとりすると、

最初は買う気のなかったカスタマーも

決断してしまうのです。

 

高額商品でも、こうやって

うまく販売して下さいね。

 

成功を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です