楽器店とうまくつきあうための方法は?

今日は、

楽器店とのつきあい方

について、お話しますね。

 

ギター転売をやっていると、

無在庫販売の場合は、

楽器店から商品を仕入れる

必要が出てきます。

 

この場合、楽器店とは

どのようにつきあっていくと

良いのでしょうか?

 

といいますのは、

ギター転売をやっていると、

同じ店舗から、何度も高額ギター

を仕入れる必要が出てきます。

 

通常、一般のカスタマーであれば、

高額なギターは何度も購入する

商品ではないです。

 

ところが、ギター転売だと、

何度も購入することになります。

 

時々、ギターショップから、

苦情を含めた、問い合わせがありますが、

たいていは、

 

==============================================

うちのショップのロゴを使うな

==============================================

 

との、苦情です。

 

==============================================

販売する事はかまわない

==============================================

 

と言ってきます。

 

自分で写真をとって販売しろ、

と言ってくるのです。

 

無在庫販売ですので、

ギターそのものがないため、

写真を撮る事が出来ず、

結局は販売を取り下げる

ようにしています。

 

この問題で、

販売店とトラブルになった事は、

ありません。

 

むしろ、店舗に成り代わって

販売してくれる訳ですから、

都合よいかもしれないですね。

 

いずれにしても、

楽器店と喧嘩してはいけないですよ。

 

これが問題になると、

ギター転売自体が

成り立たなくなりますので、

十分に気をつけて下さいね。

 

質の高いギターは、黙っていても

たくさん問い合わせがあり、

また、売れていく物です。

 

これが、ギター転売の面白い

ところでも有り、苦労する場面

でもあります。

 

ギター転売は

店舗仕入れもあり得ますから、

楽器店とうまくつきあっていく事が

自分の成果を上げることにも

つながりますので、

うまく立ち回ってくださいね。

 

くれぐれも、喧嘩は

避けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です