仕入れていけない、購入されないギターとは?

今日は、

購入されないギターとは?

について、お話しますね。

 

ギター転売では、ギターが売れないと

スッキリしないですね。

 

ですから、売れるギターを仕入れて、

販売していく事がとても大切です。

 

では、売れ筋のギターでも、

顧客が興味を示さない、

購入する対象ではないギターとは、

どんなギターの事でしょうか?

 

定番ギターは、たいてい売れます。

 

ところが、定番でも、ある

 

============

条件

============

 

が、クリアーされていないと、

売れないです。

 

その条件とは・・・・

 

===============================================

ネックが損傷していない

===============================================

 

ネックに問題があるギターは、

まず売れないですね。

 

傷程度であれば、問題ないのですが、

ネックが折れている。

 

これだと、売れることは、

まずないです。

 

間違っても、こんなギターは

仕入れないでくださいね。

 

私の印象では、ネックの損傷が

きちんと補修されていても

販売する事は、難しいです。

 

それと、

 

=================================================

ボディーが大きく割れている

=================================================

 

これも、まず売れることはないです。

 

部品取りに購入する方も

いるかもしれないですが、

この場合は、極端に安くないと

無理ですね。

 

ギターをリペアする人より

ギターを演奏する人の方が

圧倒的に多いからです。

 

この2つは、必ず押さえておいて

くださいね。

 

他の部分が、どんなにピカピカでも、

まちがって、仕入れたら

まず売れないですから。

 

十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です