vintageギター転売で気をつける点

今日は、

vintageギター転売で気をつける点

について、お話しますね。

 

ギター転売をやっていて、

気をつけないといけない事は、

たくさんあります。

 

最近の事例で、

さらにこれが増えました。

 

そのことをお伝えしますね。

 

ギター転売で扱っている商品は

通常、中古1点物です。

 

従って、同じ物はこれ1本しかありません。

 

vintageギターで多くの方から注目

されているギターは、みなさん

よく覚えてあおられます。

 

そのため、ネット仕入れしたギターを

販売しようとすると。

 

仕入れた場面を指摘される事があります。

 

何がお伝えしたいかと言えば、

 

========================================

仕入れ時点の価格が

すでに公表されている

========================================

 

という、自体になります。

 

と言う事は、

自分で価格設定をする事が

難しくなってくるということです。

 

私が考えた、1つの解決策は、

 

=============================================

ギター転売では、仕入れた

プラットフォームと同じ

場所では販売しない

=============================================

 

と言う事です。

 

仕入れ価格がわかって

しまっているので、

利益を追求することが

難しくなってきています。

 

ですから、できれば異なる、

国内仕入れであれば、

海外のプラットフォームなどで、

販売する事が望ましい、と考えます。

 

別に入札してくる人が、

既存の入札価格を知っていても、

かまわないのですが、本人は

価格を知っているために、

入札はしづらいですね。

 

ですから、仕入れから、

販売までの期間を

大きく開けるか、

あるいは、異なる国で

販売するのが良いと思われます。

 

玉数の多い定番ギターでは、

このようなことは、

起こりにくいのですが、

vintageギターでは注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です