ギター転売で必ずカスタマーに伝えるべき点は?

 

 

今日は、ギター転売で、必ず

カスタマーに伝えるべき点は?

について、お話しますね。

 

ギター転売をやっていますと、

カスタマーにギターの状態を

上手く伝える必要があります。

 

たとえば、音に関しては、

個人の主観的な意味合いが強く

含まれていますので、

大きな問題にはならない

ことが多いです。

 

しかし、ギターそのものに、

欠品している部分がある、

大きな割れ、クラックがある。

 

このような場合は、きちんと

カスタマーにギターの状態を

伝えておかないと、あとから、

ややこしい事になる場合が

あります。

 

基本的に、ギター転売では

 

==========================================

修理の必要な商品は

仕入れない

==========================================

 

と、考えています。

 

ですから、ギターが先方へ到着したら、

すぐにでも演奏が出来る状態の商品を

仕入れて下さい。

 

これが妨げられる様な、問題点は、

きちんと事前にカスタマーに連絡

しておく事が必要です。

 

その他には、ギター本体が

オリジナルである、

 

アクセサリーとして、

ハードケースが付いている、

 

ハードケースの鍵がある、

 

ピックガードや

ペグの交換はされていない・・・

 

このように考えると、

結構細かい点までも、

注意する必要があります。

 

ギター転売に慣れてくると、

ちょっと見ただけで、

このギターがオリジナルかどうかが

わかります。

 

これがはっきりしないと、

質問が来たときに、きちんと

答えられないので、

気をつけておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください