ギター転売では、1本あたりの利益が 低くても、転売はすべきか?

今日は、

ギター転売では、1本あたりの利益が

低くても、転売はすべきか?

について、お話しますね。

 

ギター転売では、ご存知のように、

ギター自体の価格が高いです。

 

ですから、販売した時も、

ずいぶん、儲かります。

 

では、どのくらいの利益が

期待できるのでしょうか??

 

いわゆる物販ですから、

普通の中古ギターを販売すると、

20%前後の利益が期待できますね。

 

場合によってですが、10から30%

の間をうろうろしている。

 

そんな、感じが多いです。

 

一般的な輸出、たとえば、

Amazon輸出やeBay輸出では、

薄利多売になってきていますので、

多くの日本人セラーが苦労しています。

 

それに比べて、ギター転売は

薄利多売ではなく、しかも、

vintageギターには価格がない

訳ですから、上手く販売すれば、

大きな利益が得られます。

 

さらに、もともとのギターの価格

が高いので、1本売れれば、

万単位の利益が確定しますね。

 

そこがAmazon輸出やeBay輸出

と大きく異なるところです。

 

ただ、利益が小さいからと言って、

数をこなさないのは、あまり

オススメできません。

 

できれば、たくさん販売して、

たくさん経験を積んで欲しいです。

 

今は円安ですから、輸出販売ならば

都合良いですし。

 

本当は、ギター転売は、

F2Fの個人転売が、最高に

儲かります。

 

これは、すぐには出来ないですが、

カスタマーから信用を得ると、

大きな利益が期待できます。

 

まずは、ヤフオクや店舗から

安価で質の高そうな定番ギターを

仕入れる所からです。

 

無在庫販売も成立します。

 

どんどん出品すべきです。

 

そして、慣れてきたら、

vintageギターに挑戦です。

 

販売にはコツがありますが、

価格がないわけですから、

言い値になり、儲かる事が

多いです。

 

やってみるとわかりますが、

高額ギターは、

なかなか販売できないです。

 

ですが、経験を上げれば

売れていきます。

 

最終的には顧客と自分との

信頼関係です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください