カスタマーから値切られたら、ギター転売ではどう対応するのか?

今日は、

カスタマーから値切られたら

どう対応するのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売をやっていると、

カスタマーからもっと安くしてほしい、

という依頼が結構あります。

 

特に、外国人のカスタマーは、

値切りがとてもスゴイです。

 

値切るのが当たり前の外国人は、

どう考えても赤字にしかならない様な

価格で交渉をしてきます。

 

たとえば、55万円で出品している

ギターを45万円で売ってくれないか。

 

あるいは、自分はギターショップを経営

しているのだが、仕入れのギターが

不足している。

 

貴店からギターを仕入れたい。

 

40万円で仕入れさせてくれないか。

 

といった具合に極端な値切りを

してきます。

 

私の対応ですが、

たいていは、断るのですが、

この人は上手くいきそうだと

感じた人には、別の対応をしています。

 

この価格では

販売する事は出来ないけれど、

別のギターなら、この価格で

販売する事が可能だ、という

返事をカタログとともに返しています。

 

本当に購入したいカスタマーは、

必ず返事をくれます。

 

ここからは、上手く交渉すれば、

大きく儲かります。

 

大切なのは、コンタクトしてきた

カスタマーとは、うまく、

つきあっていく事です。

 

ギター転売は、趣味のギターを販売

しているので、このギターと決めている

カスタマーも多いです。

 

ですから、値切りを断るだけでなく、

別のギターや、オススメギターを

連絡する事で、信頼関係を築き、

ギターの販売をしていくのです。

 

何回かお伝えしましたが、

高額ギターを販売するためには、

カスタマーとの信頼関係が

欠かせません。

 

断るだけでなく、信頼関係を結べば、

リピーターにもなってくれます。

 

私の場合、ミュージシャンと仲良くなって、

数本のギターを購入してもらった経験も

あります。

 

カスタマーからの問い合わせは

チャンスです。

 

忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください