ギター転売でカスタマーの期待に応えるためにどのような工夫をしているのか?

今日は、ギター転売で

カスタマーの期待に応えるために

どのような工夫をしているのか?

についてお話しますね。

 

ギターをほしがるカスタマーは

非常に多いです。

 

それも、人それぞれです。

 

一番多いのは、ブランドギターを

ほしがる人ですね。

 

マーティンやギブソンギターを

ほしがる人はとても多いです。

 

この人達の要望に応えるために、

私がやっている工夫について、

列記しますと・・・

 

================================================

とにかく、たくさん話して、

カスタマーと仲良くなること

================================================

 

ギターの販売には、直接関係ない

ように思いますが、実は、これが

最も大切です。

 

たとえば、eBay輸出でカスタマー

から、問い合わせが来たときには、

こちらの情報を惜しみなく伝える

ことが重要です。

 

たいていの連絡は、値引き交渉からです。

 

ここからスタートして、実際に出品して

いない商品をいくつも販売しています。

 

手間ですが、無在庫販売用のカタログ

を作り、価格を書いて、メールで送ります。

 

こんな単純な事でも、信頼は築けます。

 

他に必要な事は、安価で質の高いギター

であれば、どんどん仕入れることです。

 

私は、店舗仕入れでもギターを仕入れて

いますが、仕入れの時には、かなりの額

のお金を持参します。

 

即金である事が、店舗仕入れには重要

だったりするからです。

 

カスタマーとの関係は、さらに、

そのカスタマーの音楽との関わり

にまで及びます。

 

その人が、ミュージシャンなのか、

コレクターなのか?

 

初めて本物のギターを買うのか、

それとも2回目以降か?

 

すでに持っているギターは何か?

 

購入したいギターは何か?

 

こんなやりとりの中で、私は、

そのカスタマーにどんなギターを

勧めれば購入するのか、判断しています。

 

いつもお伝えしているように、

趣味の商品は必ず売れます。

 

そして、高額商品でも売れるのです。

 

私も、初めて本物のギターを購入したとき、

とても嬉しかったです。

 

その感動をカスタマーに伝える事が

出来るのは、ギター転売の醍醐味

のように思えます。

 

勧めるギターは、高額商品でなくても

大丈夫です。

 

たとえば、中古品で5万円以下の

ギターも売れます。

 

ギターが売れ出すと、このことがとても

大切であることに気づきます。

 

わたしは、ギターだけでなく、

このことは、高額商品を販売する

上での秘訣だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください