定番以外のギターは、どう考えて販売すれば良いのか?

今日は、

定番以外のギターは、

どう考えて販売すれば良いのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売では定番ギターを販売する

ことから始める事をオススメしています。

 

定番ギターは必ず売れます。

 

すなわち、物販では、売れる商品を

仕入れて販売する事が大切だからです。

 

ここで、定番以外のギターはどのように

考えて販売するのが良いのか、

考えてみました。

 

まず、定番以外のギターの場合は、

 

=================================================================

そのギターに付加価値は無いのか?

=================================================================

 

と言う点を、まずは調べて下さい。

 

一番売れやすいのは、

そのギターが

===========================================

有名なミュージシャン

が使用したギター

===========================================

 

だと、かなりの

高値が付きます。

 

その他にもありそうですが、正直

木の材質が優れているとか、

カスタムメイドだとかは、

それほど売れ行きに関係ないです。

 

これは、vintageギターでも同じこと

が言えます。

 

ですから、たとえば、定番以外ギターが

売れるのは、たまたま、そのギターを

欲しいと考えた顧客がいたとか、

滅多に出ない掘り出し物、とかで、

転売には向かないギターだと思います。

 

それと、品質の高いギターは、

価格が安ければ、購入してもらえる

可能性もあります。

 

しかし、いくらハカランダだと言っても、

無名のブランドギターでは、売れない

可能性も高いです。

 

このように考えると、定番以外の

ギター転売を行うなら、少なくとも、

国産ギターなら、名前の知れた

メーカーのギターを扱う事。

 

全く聞いた事のないブランドは

避けた方が無難です。

 

でも、ギター好きなら、在庫になっても

良いギターなら嬉しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください