安いギターは儲からないのか?

今日は、

安いギターは儲からないのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売をやっていると、ギター1本

で数万円の利益が出る事がわかります。

 

これはvintageギターには価格がない事、

また、趣味の商品なので、好きとなれば、

お金をどんどんつぎ込むからだと

考えています。

 

ギター本体の価格と利益との関係は、

どう考えると良いのでしょうか。

 

安いギターは儲からないのでしょうか?

 

vintageギターは、少し違う面を

持っていますが、一般的な中古ギター

では、

 

========================================================

ギターの価格と利益は、完全には

相関しない

=======================================================

との印象があります。

 

どういうことかと言えば、私には

外国製のギターの方が圧倒的に儲かる

と言う印象はそれほど高くありません。

 

国産のギターでも、儲かるギターは

たくさんあります。

 

日本のギターにも、目を向けるべき

だと考えています。

 

中古ギターの場合は、材質もそうですが、

古ければ、見た目が非常に重要です。

 

国産ギターは、もともと、品質が高い

ギターも多いですから、見た目がよければ、

儲かる割合もかなり高いです。

 

また、1本あたりの単価が、マーティン

などに比較して、安価である事は、

販売しやすい、売れやすい1つの要因

となっています。

 

国産の安価なギター、たとえば、

1本数万円位のギターでも

1万円位儲かることがあります。

 

この手のギターは、機種を選び、

さらに、コツを押さえて販売すれば、

利益が期待できます。

 

以上のようなことから推測すると、

国産ギターで、人気があったり、

高い評価を受けているギターは、

高値で売れると言う事です。

 

結局、重要なことは、

 

============================================

売れるギターを販売する

============================================

 

ことだと思います。

 

あなたも、定番ギターの次に、

安価なギターの販売にトライしてみると、

良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください