ギターのどこを見ればいい?

ギター転売の際には、ギターのどこに注目して転売すれば良いのでしょうか?

よく聞かれる質問ですが、あなたがプレイヤーであるならば、だいたいのことはおわかりだと思います。

まず1つには、ネックの状態です。

ネックが曲がっていては、演奏に支障が出るので、ギター自体の価値が下がります。

ですから、ネックの状態は、転売の際には最も気をつけることの1つです。

それと、古いギターによくあるのですが、木が劣化して割れてしまっている、あるいは穴が空いている等は、致命的です。

基本的に修理が必要なギターは仕入れないで下さいね。

vintageギターともなると、ちょっと修理しただけで、10万円位かかります。

これでは赤字になりますから、絶対にそのまま横流しする方向で考えて下さい。

なにせ、扱っているのが中古1点ものですから、リスクが大きいことも認識しておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください