仕入れてはいけないギターの特徴

今日は、

こんなギターは、仕入れてはいけない

について、お話しますね。

 

ギター転売では商品の仕入れが大切

であることは、何度もお話させて

いただきました。

 

仕入れがすべてではないですが、

 

安価に仕入れる。

 

vintageギターを仕入れる。

 

修理の必要ないギターを仕入れる。

 

このあたりは、基本中の基本。

 

この、基本さえ守っていれば、

赤字になる事は、まずないです。

 

では、上記の要素以外に、

仕入れてはいけない、

仕入れには不向きなギター

とはいったい何なのでしょうか?

それは、

 

================================

カスタム仕様のギター

================================

 

これは、売れるかも知れないですが、

仕入れるのはなるべくやめた方が

いいですよ。

 

カスタマーがギターを選ぶ基準の1つに、

そのギターの型番があります。

 

たとえば、マーティンD-28について

考えて見ると・・・

 

このギターは定番ですから売れます。

 

しかし、このギターの木の材質の

アップグレードされたギター。

 

あるいは、インレイや、ペグが

グレードアップされた仕様の

ギターなどは、

非常に売れにくいです。

 

理由は、価格が高くなっているから。

 

たとえばハカランダは別ですが、

D-28のトップの材質をD-45

で使用する木にした。

 

インレイが、より貴重な貝を使用した。

 

ピックガードを鼈甲製の物に取り替えた。

 

このような例では、ギターの価格が高騰

しているはずです。

 

ところが、顧客にとっては、あくまでも、

このギターはD-28なのです。

 

ですから、価格が高額になったギターは

なかなか売れないです。

 

このことからわかるように、

 

==================================================

アップグレードするより、

オリジナルのギターの方が好まれる

==================================================

 

のは、事実のようです。

 

ここは、覚えておいてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です