ギター転売での仕入れと販売の鉄則

 

今日は、ギター転売での

仕入れと販売の鉄則

について、お話しますね。

 

ギター転売では、たくさん仕入れて、

たくさん販売すれば、儲かる額が

大きくなります。

 

これは当たり前の事なのですが、

なかなか高額ギターを仕入れる事に

抵抗がありますよね。

 

私も最初はそうでした。

 

高額なギターはなかなか仕入れる事が

できないのです。

 

一方で、仕入れてしまえば、あるいは

無在庫販売であるならば、

どんどん販売は出来ますよね。

 

では、仕入れ数と販売数の比率は、

どのように考えれば良いのでしょうか?

 

================================================

高額ギターの仕入れは限定した数

だけにするのが良い

================================================

 

多くても10本以上は、

仕入れ金額が高額になりますので、

控えた方が良いです。

 

一方で、無在庫販売は、出来るだけ

たくさん出品すべきです。

 

eBay輸出では、限定したカテゴリーで

数をたくさん出品している事も

重要なことです。

 

そのカテゴリーのセラーとして

きちんと認められるからです。

 

また販売ですが、有在庫販売の場合は、

キャッシュフローの関係から、

出来るだけ、早く販売する事を

オススメします。

 

販売が遅れれば遅れるほど、

次の仕入れがしにくくなります。

 

定番ギターは必ず売れます。

 

ですから、仕入れるのは、問題ない

のですが、仕入れたら、すぐに

販売する事です。

 

これは、ギター転売を続ける上で

重要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です