ネックのそりは大丈夫か?

ギターを転売するときには、ネックのそりに注意してください。

ネックがそっているギターは演奏するのが難しく、転売した際にクレームが付くことがあります。

転売するギターは、そのギターを受け取った人がそのまま使えるように、修理の必要のないギターが対象です。

マーティンなどの高額なギターは修理するとなると、専門の工房に持って行くか、楽器店へ持ち込ル必要があります。

また、その修理費用はかなり高額です。

ですから、修理の必要なギターを転売することは、避けるべきですよ。

また、マーティンのD-45のように、高額でかつ芸術性の高いギターは、オリジナルであることが求められます。

ですから、転売の際には、改造したあったり、パーツが交換したあったりしているギターは避けるべきですね。

ところが、D-28やD-18と言ったプレイヤーが多用するギターの場合は、ちょっと話が異なります。

こちらのギターは音がよければ、OKという判断が成り立ちます。

このように、ギターによって、転売時の選択基準が異なることを覚えておいて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください