ギター転売での販売・配送時には、弦は張り替えるべき?

ギター転売セミナーのお知らせです。

 

NAGOMUセミナーのお知らせ

演題1.ギター好きなら、ギター転売で

稼ごう!

演題2.まったくの0から月収20万を

最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウと

実践~

演題3.不労所得を得るための外注化

のやりかた

日時 8月20日(木)19時~

(終了後近くで懇親会をやります)

場所 TRICRAFT(音楽スタジオ内)

〒543-0023 大阪府大阪市天王寺区

味原町11-1 味原三光ビル10F

参加費用 3,000円

お申し込み・お支払いはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UjvgHSq

 

++++++++++++++++++++++++++++

 

上記のギター転売セミナーは、

私が築き上げてきた内容を、

お伝えします。

 

お申し込みをお待ちしています。

 

関東でも土日になりますが、

開催しようと考えています。

 

詳細は、また連絡しますね。

 

 

今日は、

ギター転売での販売・配送時には、

弦は張り替えるべき?

についてお話しますね。

 

ギター転売で、運良くギターが売れて

いよいよ配送するときには、

弦を張り替えて送るのが、

良いでしょうか?

 

それとも、そのままで

問題ないでしょうか?

 

私は、

 

=============================================

弦は張り替えず、そのまま送付

=============================================

 

しています。

 

いままで、これで、苦情が出たことは

ありません。

 

ギター転売では、大切なのは、

ギター本体になります。

 

本体に大きな損傷がなければ、

苦情が出てくる事は、

ほとんどありません。

 

通常、写真で詳しく、お伝えしている

訳ですから、後から問題が出てくる

ことは、まれです。

 

時々、自分が説明を

忘れている部分もあります。

 

しかし、問題になったことは、

ほとんどありません。

 

気をつけるべきは、

 

==============================================

ギター転売の流れを間違えない

==============================================

 

ことです。

 

とくに、価格や、納期は慎重に。

 

私の感覚では、弦は張り替えて送ると

顧客は、気持ちいいと感じて

いると思いますが、

張り替えるよりも、新品を

プレゼントとして、送った方が

良いように感じています。

 

弦は、ご存知のように、

消耗品ですから、

あっても邪魔にはならないじゃ

ないですか。

 

ですから、私の場合は、

弦が切れていて、本数が中途半端

でなければ、

そのまま、送っているという事です。

 

ちなみに、弦は張りを緩めて

送付しています。

 

特に理由はありませんが、

配送時に、ネックにトラブルがない

ようにしたいということです。

 

おそらく、きちんと調律できていても、

問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です